花園神社  酉の市


「花園神社」という美しい響きの神社は、かつてこの場所が徳川御三家筆頭の尾張藩下屋敷の庭の一部で沢山の花が咲き乱れており、その花園の跡に移転した為と言われています。
商売繁盛・縁結びのパワースポットとして有名であり、大都会新宿の駅や伊勢丹などに近い為若い女性やカップルなどに人気があります。また境内には「芸能浅間神社」という全国でも珍しい芸能の信仰を集める神社があり、著名人も多く訪れるそうです。


「酉の市」は全国の鷲神社(おおとりじんじゃ)で行われています。祭神である日本武尊(ヤマトタケル)が東夷征伐の戦勝祈願をし、帰還の時にお礼参りをしたことにちなみ、日本武尊の命日である11月の酉の日に開催され、商売繁盛・開運招福の熊手を買い求める人で賑わいます。

その中でも花園神社は関東三大酉の市の一つであり、毎年60万人もの人が訪れる新宿の秋の風物詩になっています。さらにこちらの酉の市では今はもうほとんど見る事の出来ない名物「見世物小屋」 があり、怪しげな小屋の外には驚きの声が漏れていました。



 ちょっと変わった熊手も。
お値段はお手軽な小さい物で千円程。本格的な大きなものになると数十万もします。
重さ2トンの御神輿。
屋台はオーソドックスなお店から、本格的な居酒屋メニューを提供するお店まで様々。
お祭りは深夜2時までやっているのでついつい長居してしまいそうです。



 神社の出店とは思えない、新鮮な魚介類も頂く事が出来ます!

花園神社の酉の市は11月に2回、前夜祭も合わせて各2日間づつ深夜まで行われますので、仕事帰りやショッピングの後に寄ってみましょう!写真は掲載出来ませんが、特に見世物小屋は滅多に見れない貴重なショーなので一見の価値がある事でしょう。

詳しくはこちらへ|外部リンク 花園神社

花園神社  東京都新宿区新宿5−17−3