神楽坂 Kagurazaka



 夏目漱石や森鴎外など、多くの文豪に愛された神楽坂は、現在も石畳の路地が多く点在し、昔ながらのたたずまいを残した割烹や料亭がある事から東京の小京都とも呼ばれています。
  また、周辺には東京日仏学院をはじめとする多くのフランス関係機関がある事からフランス人が多い街として知られており、「東京のプチ・パリ」とも呼ばれ沢山のフレンチレストランやブラッセリーで賑わっています。

 石畳の細い路地が続く「兵庫横丁」最も神楽坂らしい通りです。



 飯田橋の駅を背にした神楽坂通りの右側に沢山の横丁や路地が広がっています。



     左 賑わう表通り「神楽坂通り」
            右 「本多横丁」50店舗以上のお店が軒を連ねる神楽坂最大の横丁。


神楽坂の散歩や横丁の詳しい情報はこちらへどうぞ→ 外部リンク|神楽坂通り商店会



夏目漱石「坊ちゃん」にも登場する 善国寺(毘沙門天)
石虎は都内でも珍しく、新宿区指定有形民俗文化財に指定されています。



  日本文化と海外の様な風景が入り混じる不思議な魅力のある街です。




2011年、再生プロジェクトにより新しくなった「赤城神社」
境内には地元在住の建築家 隈研吾によりデザインされたマンションがあり、1Fにはカフェも入っていますが、神社との調和がとれているので違和感がありません。





2014年10月にオープンした神楽坂の新名所「la kagu(ラカグ)」はファッション、生活雑貨、カフェ、家具、ブックスペース、レクチャースペースをそなえた大人の為のライフスタイルストアです。
昭和40年代に建てられその後使用されていなかった新潮社の倉庫をリノベーションしオープンしました。




2階インテリアスペースには北欧家具や雑貨などが並んでいます。


la kaguの詳しい情報はこちらへ  外部リンク| la kagu