東京駅 Tokyo Station

大正3年(1914年)12月に開業した東京駅。丸の内駅舎は戦争による空襲で三階部分やドームが焼失しましたが、駅周辺の大規模な再開発事業の一環として2012年10月、5年間に渡る復元工事を終えてリニューアルオープンしました。
赤レンガ造りの丸の内口駅舎は辰野金吾らが設計したもので、2003年に国の重要文化財に指定されています。

プラットホームの数は日本一多く、まさに日本の玄関口といえる駅です。

保存レリーフ
天井には8つの干支のレリーフが埋め込まれていますが、残りの4つは同じく辰野金吾が設計した佐賀県武雄市の武雄温泉楼門に埋め込まれているとの発表があり、辰野金吾の遊び心ではないかと言われています。






同年オープンの東京ステーションホテル
クラシックな内装が素敵です。 外部リンク東京ステーションホテル【公式】




八重洲口の新たなシンボルマークとなった「グランルーフ」は2013年9月オープン!
コンセプトはYaesu Sensational Scene(ヤエス センセーショナル シーン)」
地下1階から地上3階まで飲食店など15の商業施設が入っています。



グラントーキョー・ノースタワーとサウスタワーを結ぶペデストリアンデッッキは「光の帆」をイメージ。





再開発で新たな施設のオープンなどが続く東京駅周辺。トレンドに敏感な方にピッタリな旬のスポットです!